TOP

トップメッセージ

株式会社シンクラン 代表取締役社長 鶴賀裕行

株式会社シンクラン 代表取締役社長 鶴賀裕行

1971年、昭和46年、石川県金沢市でアトム運輸株式会社は創業しました。
以来44年、世界一の飲料ブランドであるコカ・コーラと共に一本でも多く売る、一円でも安くすることをオペレーション信条として、工場からお客さままで販売物流や自販機のメンテナンス、販売支援などをトータルで担い、顧客からの信頼を得て着実に実績を重ねてきました。

しかし時代は変わり、私たちのビジネスは変革期を迎えています。
これからは物流のアウトソーシングベンダーとして顧客の競争優位だけではなくソリューションプロバイダーとして顧客の企業価値を創造・向上させることが使命です。もはや、“運輸”という限られた領域ではその期待に応えることはできません。
私たちは、今までの“アトム運輸”の深さ、広さを超える領域へ挑戦します。
まず、私たちの得意とするオペレーションを軸とした進化です。販売物流における人、モノ、情報の流れる仕組みをより効果的効率的に機能させ、顧客の事業価値を最大化します。
具体的には、①レギュラーサービス×3PL事業 ②フルサービス×リテールサービス事業 ③自動販売機メンテナンス×海外事業です。各事業のノウハウやスキルを複合的に組み合わせ、シナジーを生み出し、最適な解決を導き出せる企業になります。
また、グローバル化は急務です。飲料ビジネスも急速にグローバル化、高速化しています。高度な情報ネットワーク化によって、世界中の人や企業がつながり、技術や革新性も瞬く間に平準化されるなか、勝機を得られるのは、顧客ニーズを発掘し、自ら市場を広げ、新しい価値を生み出せる企業だけです。
そのためには、日々発展する様々なテクノロジーを顧客の視点で捉え、専門性を高め、情報化、多様化をスピード感(速さ、機敏)をもってすすめ、顧客に仕掛けていかなければなりません。
顧客のニーズを超えるような、ワクワクするような価値づくりをオペレーションエクセレンスをもとに提供、実行していきます。

いままでの“アトム運輸”ではない、顧客価値創造モデルへの転換のための新しい名前が“thinkrun”です。 think=知恵・洞察・思考力、run=情熱・スピード・実行力 で従来のビジネスモデルをもとに、新しいビジネスモデルにチャレンジしていくのです。